アルザスの辛口です🍾

Bonjour‼︎

ライラック祭りも開催され、大通り公園のビアガーデンも開催決定しましたね!

以前と同じようにとはいかないと思いますが、少しずつ季節の行事が再開されることは嬉しいです😊

さて、初夏に向かいつつある季節の変わり目に、リクエストもありましたアルザス🇫🇷の辛口リースリングを用意しました!

ようやくオススメワインが揃いました💦

トリンバックのリースリング レゼルヴ’20が期間限定でグラスワインで提供致します!

黄色いラベルから、なんだかシックな感じに様変わり。

星付きレストランに支持されるアルザスの名門が造るワンランク上の辛口リースリングです!

瑞々しい果実味とミネラル、爽やかな酸味が、ちょっと暑くなり始めたこの時期にピッタリですよ。

魚介類や白身肉などとも相性良さそうです。

イタリア産🇮🇹豚肉がピンチ‼︎

Bonjour‼︎

実はイタリアだけでなく、ドイツのソーセージも輸入規制がかかるような噂です。

農林水産省は2022年1月8日、イタリアからの豚肉等の一時輸入停止措置を講じました。

イタリアのピエモンテ州の野生イノシシで、アフリカ豚熱(ASF)の発生が確認された旨、イタリア家畜衛生当局から国際獣疫事務局(OIE)への通報がありました。と、農水省のHPにあります。

詳細としましては、イタリアからの豚肉全般、プロシュート パルマ,サンダニエーレ生ハム,コッパ,パンチェッタ,サラミ等を含む豚肉加工品全般の輸入が停止になります。

おおよそ停止期間は数年間になると思われます。これにより、プロシュートなどのスライスや原木などを含む加工品は、国内の在庫におきまして品切れが出てきているようです。

当店もしばらくの期間はプロシュートをご用意出来なくなる可能性が出てきました😢

ただポジティブに考えれば、違う生ハムが食べれる機会にもなりますよ!今のところは、フランス🇫🇷を代表する生ハム『ジャンボン・ド・バイヨンヌ』で代替する予定です!

お酒のお供として絶妙な塩味が効いた赤身が特徴の生ハムです。

正式に提供が決まりましたら、この生ハムについて掘り下げてみますね🫡

泡醤油ってご存知ですか!

Bonjour‼︎

先日、お刺身と一緒に泡醤油なるものが出てきて、初めてでしたがかなりクセになりました!

あまりの美味さに感動したのでご紹介しようと思います😋

泡醤油ってご存じですか?お醤油をメレンゲ状に泡立てた調味料の泡醤油のことみたいで、以前NHKで放送された「ためしてガッテン」で取り上げられて以来注目されている調味料なんだそうです😳

泡醤油は、お醤油の約5倍の水を加え泡立てて作った調味料。誕生のきっかけは、京都の舞妓さんが仕事の前の食事の際に、醤油で着物を汚しては大変だろうという板前さんの心遣いから生まれたと言われています。

泡状の醤油は、かけるというよりものせる感覚で使うことができます。

ですから、この時もお刺身にわさびと一緒にのせて食べてみてくださいと言われましたねー

必要な分だけ使って好みの塩加減で食べられるだけでなく、素材に添えた泡醤油はお料理のアクセントにもなり、また醤油の香りの余韻がより広がりますよ。

日本人で嫌いな人はいないんじゃないかというくらい、香ばしくて、北海道弁で言うところのお酒が飲まさる感じです‼︎

個人的には泡醤油の方が、お刺身や寿司には合っている気がします。しばらくは、ハマること間違いなしです。