今さら聞けないBBQとは🍖

Bonjour‼︎

子供たちは夏休みに入り…というニュースをみてましたら、今年は外で親族でバーベキューをしますと。。。

映像を見る限りでは焼き肉みたいだったのですが、外でやるからバーベキューっていうんでしょうか?

ふと疑問に思ったので、バーベキューについて掘り下げてみようと思います!

私のイメージでは、⬆️のような肉と野菜を串刺しにして炭火の遠赤外線でじっくり焼くものかなと思ってましたが、みなさんはいかがでしょう!


そもそもバーベキューの語源はスペイン語で丸焼きを意味する『barbacoa(バルバコア)』だそうです。
これが英語圏に伝わって『barbecue(バーベキュー)』に変化しました。
ここからさらに『cue』の部分の韻が『Q』であることから、バーベキューの略が『BBQ』になったわけですねー🤔

BBQは「薪、炭などの弱火によって肉や野菜、魚介類などをじっくり焼く料理」を意味する言葉でした。次第に、野外での調理、飲食などの行為そのものを「バーベキュー」と呼ぶようになりました。

「焼肉は家の中」「バーベキューは外」と場所で区別する考え方もあるようですが、「日本バーベキュー協会」によると、ふたつの違いは食べ方にあると言うことです。

日本の焼肉は鍋料理の影響を受け継いでおり「焼きながら食べる」というスタイルですが、BBQは「全て焼いた後にお皿に盛り付けて食べる」というスタイルです。

アメリカのBBQスタイルなら、日本の焼肉奉行のように「焼いている人は食べることができない」という現象は起きないのですね。
つまりカンタンに両者を比較すると「焼肉は食べながら焼く、BBQは焼き終えて食べる」という違いがあるそうです!

BBQは、日本の焼肉のように「食べる」ということだけに主眼を置いたお食事会ではなく、調理の途中もパフォーマンスなどの様々な工夫をしてゲストを楽しませる「おもてなし」のレジャーという色が強いのが特徴なのです。

みんなでワイワイ楽しく盛り上がること!
これがバーベキューの鉄則なのには変わりはないですが、実は日本式バーベキューをやってたという方が多いのでは😊

この夏、アメリカ式のバーベキューに挑戦してみても良いかもしれませんね‼︎

ゲリラ豪雨と集中豪雨☔️

Bonjour‼︎

北日本も凄まじい雨で、一部冠水したニュースが報道されてましたが、最近は良く集中豪雨って聞きませんか?

ちょっと前は、ゲリラ豪雨なんて言ってたような気がして、今回は言い方に違いがあるのか調べてみました!

集中豪雨➡︎狭い範囲に数時間以上強い雨が降り続けること。

ゲリラ豪雨➡︎「局地的大雨」のことで、数十分のうちに狭い範囲で強い雨が降ること。

ざっくり違いをまとめると上記の通りで、範囲や時間が関係していそうですね🤔

『集中豪雨』

気象庁では「同じような場所で数時間にわたり強く降り、100mmから数100mmの雨量をもたらす雨」のことを集中豪雨と定義しているようです!

重大な水害や土砂災害をもたらす可能性があり警戒が必要である。梅雨前線(5~7月ごろ)(※)や秋雨前線(8月後半~10月ごろ)などによって発生することが多いのも特徴的です。

『ゲリラ豪雨』

予想できない奇襲のような局地的大雨のことを意味し、特にマスコミ用語として使われるそうです‼︎急激に雨が降り災害にも発展するような、強い夕立のようなものとされてますね。

気象庁の定義ではゲリラ豪雨は「局地的大雨」や「短時間強雨」のことで、局地的大雨は「急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十mm程度の雨量をもたらす雨」と定義されているそうです。


どちらも入道雲や雷雲などと呼ばれる積乱雲から発生します。積乱雲とは上昇気流によって山のように巨大になった雲のことで、ゲリラ豪雨はひとつの積乱雲が発生して消滅するまでに起こる強い雨で、短時間で終了する。

ゲリラ豪雨からさらに条件が整うことで、積乱雲が次々と発生し長時間にわたり強い雨になってしまうのが集中豪雨という事ですね。

『集中豪雨』

元はゲリラ豪雨と同じくマスコミ用語だったようです!1953年の京都府の南山城水害や、1985年の島根県の豪雨などの新聞記事で使われたことから広まったと言われてます。

死者が大勢出たような災害でも、狭い範囲すぎて被害が出るまで気が付かなかったようなものに対して付けられた名称で、現在は気象学においても定着した名称。

『ゲリラ豪雨』

19世紀にナポレオン率いるフランス軍がスペインに攻め込んだが、スペインの民衆が対抗してフランス軍に少人数の奇襲攻撃(ゲリーリャ)を仕掛けるという出来事があった。そこから「予想できない奇襲」のことをゲリラと呼ぶようになった。

ゲリラ豪雨も、短時間で狭い範囲に奇襲のように襲ってくる雨としてマスコミにおいて定着し、2008年には新語・流行語大賞にノミネートされた名称。

気象学的な定義の違いこそあれど、雨による災害が起きかねない状況であることは共通しているかもしれませんねら🤔

ちなみに、線状降水帯というのも最近よく耳にしますよね!

その名の通り、線のように存在する雨雲の様子を指すそうなんですが、実は「線状降水帯」には正式な定義はないそうです!

一般的には、激しい雨を降らせる積乱雲が集まったもので、大きさは幅20~50km・長さ50~200km。数時間同じ場所にとどまる性質があるものが「線状降水帯」と呼ばれています。

ある一か所で積乱雲ができ、風に乗って移動したあとに、風上側に新しい積乱雲が次々と発生することで、積乱雲が線状に発生し続けるとされています。


まとめ

前線などで発生した積乱雲が線状に伸びたものが「線状降水帯」です。線状降水帯が発生すると、大雨が長時間続く「集中豪雨」になる可能性があるということ。

一方で、「ゲリラ豪雨」とは、突然強烈な雨が突然降りだすこと。
まとまった地域ではなく、局地的に積乱雲が発生することで、ある地域だけ突然大雨が降ることがあります。

気温の変化が激しいと、突然の大雨=ゲリラ豪雨になりやすいと言われています☔️

・梅雨前線=高気圧と低気圧のぶつかる場所
・線状降水帯=積乱雲の形状
・梅雨、ゲリラ豪雨=天気の様子

なんせよ予想できない現状もあるので、早めに安全な場所に避難するなり、日頃の準備も大切だと感じます。

毎年の被害やニュースを見る限りでは、他人事では済まされないのが昨今の状況です!

今さら聞けない酒精強化ワイン③

Bonjour‼︎

前回はシェリーについて掘り下げてみましたが、ほかのワインについてもまとめてみます!

◆ポートワイン

ポートは、ポルトガル北部のドウロ地方で造られる酒精強化ワインで、アルコール度数は19度〜22度までに限定されています。

比較的リーズナブルでフレッシュな果実味が味わえるものから、100年以上の熟成が可能とされる高級なヴィンテージ・ポートまで様々です。

甘口のポートは、チョコレートやブルーチーズとよく合います。ポート最大の輸出国であったイギリスでは、イギリスのブルーチーズ「スティルトン」と合わせるのが今も昔も定番のようですね🤔

1.ルビーポート

黒ブドウを原料に3年の樽熟成後出荷されたもの。

基本的にポートは、複数年の熟成ワインをブレンドして造られますが、ルビータイプには特に優れた作柄のブドウから造られた単一年のヴィンテージ・ポート、またそれに続くと思われる作柄のブドウから造られたレイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート等も含まれます。

2.ホワイトポート

白ブドウを原料に3年あるいは5年熟成させたもの。

3.トゥニーポート

長い年月樽塾させ色素が沈着しトウニー(=黄褐色)色になったもの。10年~40年ものも。

10年、20年、30年のように熟成年数が表記されたものや、単一年に収穫されたブドウだけを使い、収穫後7年以上樽で熟成をしてから瓶詰めされるコリェイタがあります。

◆マディラ

マデイラとは、ポルトガルの首都リスボンから南西に1000kmの北大西洋の沖に浮かぶマデイラ諸島で造られる酒精強化ワインです!

酒精強化ワインの中でもとりわけ寿命が長く、100年以上前のマデイラが数多く現存しており、それらは今でも美味しく飲むことができます。

原料となる主なブドウ品種は白ブドウがセルシアル、ヴェルデーリョ、ボアル、マルヴァジア、テランテス、黒ブドウはティンタ・ネグラで、ブドウ品種によって甘口から辛口まで味わいは異なります。また、マデイラは添加するグレープスピリッツのアルコール度数が96度と高く、アルコール度数は17〜22度と決められているそうです🤔

マデイラの最大の特徴は酒精強化を行った後に加熱を行うことで、この製法により独特の香ばしい風味が生まれます。

この製法は大航海時代の17世紀、アメリカ新大陸の航路上に位置したマデイラ島で積み込まれたワインが、赤道を横切る暑くて長い航海を終えると特有のフレーヴァーを呈していたことに由来しています。

加熱方法は温水を使う人口加熱(エストファ)と、太陽による自然加熱(カンテイロ)があり、加熱後は3年以上樽で熟成させてから出荷されます。

1.セルシアル

辛口(標高600~800m)
辛口(香りは甘い香りです)。薄い黄色とオレンジの色調。苦い香りとドライフルーツの新鮮で調和のとれた滑らかな香り。とても長く酸味のある余韻。 やや甘いニュアンスはありますが、4種の中では一番の辛口。

2.ヴェルデーリョ

中辛口(標高400~600m)
オレンジがかった黄金色。アプリコットを思わせる果実香。アーモンド、キャラメル、バルサミコのほのかな香り。バニラの風味とバランスの取れた酸味。複雑で素晴らしいあと味。4種の中では中辛口のマデイラです。

3.ブアル

中甘口(標高300~400m)
中甘口。金のハイライトが入った黄褐色。レーズン、バニラ、蜂蜜、ナッツのコクのある凝縮された香り。おだやかで調和のとれた素晴らしい酸味。優しい甘さのある滑らでふくよかな口当たり。甘さの中に複雑味があって深い深い味わいのマデイラです。

4.マルヴァジア

甘口(標高400m)
チョコレートとクリームタフィ、オレンジやレーズンのほのかな香り。フルーティーで滑らかな口当たり。長く心地よい余韻が残る。 デザートワインとしてオススメのマデイラです。

◆マルサラ

マルサラはイタリアのシチリア島の西端で造れられる酒精強化ワインで、色と味わい、さらには製造方法や熟成期間により分類され、呼び名が変わります。

シチリアの土着品種である白ブドウのカタラッロやグリッロ、黒ブドウのネレッロ・マスカレーゼなどから造られます。

マルサラは、ワイン、ワインから蒸留した添加用ブランデー、ブドウジュースを1/3になるまで煮詰めたモスト・コット、ブドウジュースに蒸留したブランデーを加えたミステッラ、これら四つの材料から造られ、色はオーロ(黄金色)、アンブラ(琥珀色)、ルビーノ(ルビー色)、味わいはセッコ(辛口)、セミセッコ(半辛口)、ドルチェ(甘口)と様々なスタイルがあります。

また、マルサラの特徴として必ずオーク樽で熟成させることが挙げられます。そのため、マルサラには香ばしい木の香りやカラメルのようなブーケがあります。

マルサラは料理に使われることも多いのですが、食前、食後酒としてももちろん楽しめます。甘口のマルサラにはシチリア現地で食べられているような素朴な焼き菓子やアイスクリームなどと合わせると良いでしょう😊

酒精強化ワインの辛口は食前酒に、甘口は食後酒に飲まれることが多いですが、特に決まりはないそうです!

食前に飲めば、強めのアルコールが胃を刺激して食欲が増進するでしょうし、食後にチーズやデザートと合わせれば至福のひと時となりますよ。

先日のペドロヒメネスと合わせて、マディラのスイートも食後酒としてご用意致します!

大人な〆ワインにいかがでしょう♬