熱中症と日射病の違い☀️

Pocket

みなさんこんにちは。

今年の札幌は、例年にない暑い真夏日が連日のように続いております。

最近は熱中症アラート🥵ならぬ警報もでておりますが、よく考えたらいつから熱中症と聞くようになったのでしょうか?

私が子どもの頃は、日射病とはよく言われましたが違いがあるのか気になったので、掘り下げてみます。

高温の場所でおこる、熱による障害を総称して熱中症というそうです。暑さで体温のコントロールができなくなり、熱が体内にこもってしまった状態です。

強い直射日光での場合は日射病、閉め切った部屋や車の中など、高温でおこれば熱射病といいます。


上記の通り、熱中症のうち、太陽の下で発症するのが日射病です。とはいえ、正式な病名は熱中症であり、今は日射病と呼ぶことは少なくなっているそうです。

 本来、人体は暑い時に汗をかいて体温を平常に保つものですが、水分や塩分が不足しているとうまく汗をかけません。かけたとしても、高温多湿で風通しが悪い環境であれば、汗が蒸発せず気化熱を発散することができません。

 そうなると、体温がどんどん上昇して頭痛やだるさに襲われます。最終的には体温が40度くらいまで上昇し、体が動かなくなって絶命に至ります。

昔は炎天下で発症するものだったので、『日射病』と呼ばれていたのでしょうが、しかし今は気温が高くなり、屋内で発症する例が非常に増えているので熱中症と呼ぶ総称が定着したと思われます!

なんにせよ、睡眠と栄養、水分や塩分をバランス良くとることが夏バテ防止にもなります。

ただ気をつけないといけないのが、冷房病ですね。

冷房が効きすぎている室内にいたり、暑い室外と寒い室内を何度も行き来しているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体にさまざまな不調が起こりますのでご注意ください。