一瞬て冷やす裏技🍺

Pocket

Bonjour‼︎

喉が渇いたと思ったら、ビールやジュースを冷やし忘れてたりするとガッカリしますよね😞

そんな時に役立つ裏ワザとやらが取り上げられてたので、まとめてみました!

冷蔵庫での急冷法

今すぐ飲むのではなく、1時間ぐらい待てるなら、冷蔵庫でより早く冷やす簡単な方法があるそうです。

水に濡らしたティッシュを缶に巻いて冷蔵庫に入れます。こうするとティッシュの水分が蒸発する際に気化熱で温度が下がるらしいです。

そのまま冷蔵庫に入れておくのに比べて1/4程度の時間で飲み頃に冷えます。缶ビールでいうと、冷蔵庫の設定にもよりますが、一般的に常温から飲み頃の8℃ぐらいになるまでに、4時間ぐらいかかりますが、それが約1時間で冷えることになりますよ🍻

ペットボトル、氷と塩水でキンキン

上記の写真のようにまず、キャップをしめたまま、四角い2リットルのペットボトルの側面を切り取ります。そこに氷と塩をひとつまみいれた水を注ぎます。これで即席の急冷器の完成です。あとは缶を入れてクルクルと回せば、2~3分で缶の中身はキンキンに冷えます。タコ糸のようなひもがあれば、缶に巻き付けて交互に引くと、効率よく缶を回すことができるとの事です🤔

しかしながら、炭酸飲料の場合吹きこぼれが心配ですよね!

吹きこぼれるのは、液体や容器の内側に着いた炭酸ガスの泡がフタをあけると上部へと上昇して、液体も一緒に押し上げられるからです。

この方法のように容器を横にして回すと、容器の内側に着いた泡がはがされて液体に溶け込みやすくなり、泡が減少します。その結果、吹きこぼれにくくなるそうですよ…

百聞は一見にしかずってところですかねー😊

お急ぎの場合は必要に応じて、試してみてはいかがでしょう!