ジャパニーズウイスキーの最高記録🥃

Pocket

Bonjour‼︎

先日、サントリー最高酒齢のシングルモルトウイスキー「山崎 55年」(Yamazaki-55 Year)が、香港で開かれたボナムズのオークションで620万香港ドル(約8515万円)で落札され、日本ウイスキーの最高値記録を作ったというニュースがありました。

実は、国産ウイスキーは海外では年々評価を上げてきたのですが、ここまでになるのには驚きでしたね。

「山崎 55年」は今年6月にサントリーが、2月から募集して抽選方式により日本国内在住の消費者に販売したそうです。

価格は税込み330万円😳

山崎モルト原酒の中から、1964年蒸溜のホワイトオーク樽原酒や1960年蒸溜のミズナラ樽原酒など、熟成のピークを迎えた原酒を厳選しブレンドした限定100本。

ちなみに、日本ウイスキーの人気は、中国人の愛好家の間で高まっているそうで山崎50年は、2月に東京で開かれたオークションで2800万円で落札されたまとの事ですよ!

この時も中国人バイヤーが競り合ったという。投機の対象となり、偽造品も出ている人気ぶり…

「山崎 55年」は1964年の東京オリンピック前後の原酒をブレンドし、東京オリンピック2020のトリビュートとする予定だったが、開会が流れ、図らずも投機の対象となってしまった。転売は禁止されているが、6月末以降に現物が当選者の手元に届いたところですぐにオークションに出品されてしまったようです。

「山崎50年」がオークション市場で高値をつけているため、売出し発表当時から二次市場での価格予想がされていたが、想像以上の高値となった。今後の基準となるだろうという内容でした。

ジャパニーズウイスキーが、産業として成長した結果でもありますね!