バーでよく流れたナンバー

Pocket

みなさんこんにちは。

今週末からは、ぐっと冷え込んで寒暖差があるので体調には気をつけたいところです。

むしろ、こう寒くて天気も悪いと不要不急の外出自粛するかもしれないですね。。

さて、今日はバーで良く聴いた名盤です。初心者にも聞きやすいと思いますよ

『ジョン・コルトレーン バラード』

激しく燃えるようなプレイでジャズ界を疾走していたコルトレーンが、シンプルなメロディを情緒豊かに歌い上げたバラード・アルバムです。

時代やジャンルの枠を超えて聴き継がれる究極の名盤かとおもいます。

大人気の「セイ・イット」は、それまであまり取り上げられなかった楽曲だが、本作の演奏で一躍有名になったそうです。

甘さを控えめに訥々と愛を語るサックスには温もりがある。随所で存在感を見せるマッコイやエルヴィンのバッキングも素晴らしい。

コルトレーン好きには、嫌われるアルバムですがジャズの聞き始めからすると、サックスでのバラードナンバーって王道のような気がします!

自分は個人的には、寝る前の読書タイムでよく聴いてましたね♬