蚊に刺されやすい人っているのか😭

Pocket

みなさんこんにちは。

先日、馴染みのお客様から蚊に刺されたという事で、メチャクチャ刺された状況でした。

ふと思うのですが、蚊は誰かれ関係なく血を吸っているんでしょうかね?

血液型で吸われやすいタイプがいたり、汗かくと刺されやすいとかは聞きますがホントのところはどうなんだろうか。

同じように蚊の多いところにいても、自分にばかり蚊が寄ってくる、もしくは、特定の人だけ、他の人と比べてやたらと蚊に噛まれている。という経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。蚊にも、どうやら好みがあるようです。

蚊は、吸血対象に接近するために、1. 二酸化炭素、2. 生物から発生する揮発成分、3. 体から出る熱の3つを感知するようです。

1.一番遠くまで届くサインが二酸化炭素のようです。蚊は、二酸化炭素の僅かな濃度差を検知し、無風状態で10m先から人の存在を察知できるようです。二酸化炭素の濃度が高い方向へと蚊は移動していきます。

2.対象生物が発する揮発成分つまり、匂いを感知します。乳酸や、2-メチルフェノール、オクタノールなど動物の体から出る複数の揮発成分に蚊を誘引する効果があります。吸血対象生物が、人であるのか、別の動物であるのかを識別するのには、その揮発成分の複合体として感じる匂いを使っているようです。

3.二酸化炭素、揮発成分の濃度が高い方に従って、対象生物の数十センチ以内にやって来た蚊は、対象生物の体温を感知して、高い方に移動をします。人の体温によって周りの空気が暖められる限界の距離は、40cmほどのようです。つまり、40cmくらいの地点から、蚊は熱によって誘引されうるということです。

以上の3つの要素によって、蚊は吸血対象に近づきます。実際に口を肌に刺して血を吸うという吸血行動はこの3つのうち2つを感知すれば起こるようですよ!


次に血液型で吸われやすいかについては、日本人の研究者が、64人の人を対象にヒトスジシマカが腕の血を吸う頻度を調査した結果、O型がA型よりも2倍噛まれやすいという結果になったようです。

ただ、O型の人が蚊に好かれる理由については未だに不明なようです。


その他、吸われやすい性質と言われているのが下記の通りです。

  • 汗をかく人に比べ、無汗症の人は、蚊が血を吸い始めるのに時間がかかったという研究事例があり、汗に蚊を誘引する効果があることが指摘されている。
  • 蚊は丸い形の物と平たい板では丸い形のものに誘引される傾向がある。(対象物の大きさによって、効果は変わるかも。)
  • じっとしているものより、よく動くものに誘引されやすい。
  • 黒、青、赤、黄、白の順によく蚊を引き寄せ、黒と白の差は3~4倍

結論としては、

蚊に刺されやすい人(誘引しやすい人)の特徴は、
運動、飲酒などによって二酸化炭素をたくさん排出し、体温が高めで、汗をかいていて、動いていて、丸っこい体型で、黒い服を来ているO型の人。

蚊に刺されにくい人の特徴は、二酸化炭素をあまり出さず、体温が低めで、汗をかいておらず、あまり動かないで、丸っこくない体型で、白い服を着ているA型の人。

血液型はどうにもならないですが、白い服を着て、清潔にして激しい運動をしなければ良いのでは🤔

蚊に刺されやすい方はご参考まで。