カルパッチョの謎

Pocket

みなさんこんにちは。

今日は、札幌雪まつりでしたが今年は開催中止の為、オンラインで過去の雪まつり風景がみれるそうですよ⛄️

さて、ヴェネツィア料理🇮🇹でも、お馴染みのカルパッチョって本来は牛のヒレ肉を薄切りにしたものってご存じでしたか?

今回は、意外と知らないカルパッチョについて掘り下げてみます。

カルパッチョとは、生の牛ヒレ肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料をかけた料理の総称です。

似たような料理としてマリネは、肉や魚などの食材を漬け汁に漬け込んで柔らかくする調理法の事です。漬け汁にはワインや酢・脂・香辛料・調味料などが使われますが、実はマリネはフランス料理🇫🇷なんですね!

ではそのカルパッチョの由来は、

1.イタリア🇮🇹の画家であるヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノかけた料理を好んだことから、彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれているという説

2.また、彼の独特の赤色を基調とした作風が、皿に並べられた薄切りの生牛肉の色彩に類似しているためにその名があるとする説

3.1963年ヴェネツィアのヴィットーレ・カルパッチョ生誕500年回顧展の期間中に、同地のレストランハリーズバーで考案された料理との説

カルパッチョ絵画の特徴とされる美しい赤と白の対比を、生牛肉とマヨネーズベースのソースで表現したものとされているそうです。

日本においては、生の牛ヒレ肉の代わりに、魚の刺身を使用したカルパッチョが和洋折衷料理の代表例となっており、その創作者はレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合シェフだといわれています。

つまり、カルパッチョ=魚の肉🐟なのは日本発祥なんですね🇯🇵

しかしながら、本来の発祥国イタリアやアメリカにおいても、世界的な刺身ブームの影響を受け、近年は生の魚を使ったカルパッチョや、野菜やフルーツを使ったものも多くなってきているそうです。

個人的には、私も日本人なのでカルパッチョは淡白な味わいでありながら、身がしっかりしている白身魚の方が向いている気がしますね。

ちなみに当店では現在、岩内産の鮃をトマトのラビゴットソースでご提供していますので、是非ご賞味下さい😋