聖職祭という名のクレープの日

Pocket

みなさんこんちは。

フランスではクリスマスから40日後にあたる2月2日をla Chandeleur(ラ・シャンドルール)の祝日としてクレープを食べる風習があるそうです。

この祝祭は聖燭祭(ろうそく祝別の日)と言われ、イエス降誕40日後の神殿奉献を記念するキリスト教の祝日です。
元々はローマ人たちが春の到来前のこの時期に、豊穣と牧羊を願うたいまつを使ったお祭りをしていたものがはじまりだそうです。それを472年にローマ教皇ゲラシウス1世がキリスト教の記念祭に改め、イエスは世界の光、太陽のような存在であるとして、祝別されたキャンドルが使われるようになったようです。

フランス🇫🇷では、クレープは常に食べられているのですが、なぜこの日がクレープの日と呼ばれ、食べられるようになったのでしょう。

1.最も寒さの厳しいこの季節、春を待ち望むケルト人がクレープの形と色は太陽を思い浮かばせ、良い天気の再来を願ってお祭りに使ったいう説。

2.昔、冬の種まき作業がちょうど始まるこの時期、農民たちは余った小麦粉を使ってクレープを作り、ローマへ赴く巡礼者にクレープをふるまったのがきっかけという説。

3.「世の光」であるイエスにちなんで、太陽の黄色く丸い形に似たクレープが愛されるようになったという説など。

いずれにせよこの2月2日にフランスではクレープを食べる習慣があって、クレープ(ガレット)にはリンゴの発泡酒「シードル」を組み合わせるのがフランスの定番ですね😋

ちなみに当店では、平川ワイナリーさんが造ります余市産のりんご🍎100%のシードルをご用意しております!

瓶内二次発酵方式の辛口シードルで、是非素敵な春を迎えてください♬